そもそも内装解体とは?

内装解体とは

店舗を閉鎖する閉店
オフィス・テナントやマンションの契約満了
店舗・テナントのリニューアル

などをビルや店舗オーナー、管理会社に引き渡すときに行う工事のことです。

  1. 原状回復工事
  2. スケルトン工事
  3. 部分内装工事

などがあります。

 

内装部分を手壊しで分解し、運搬して処分するまでの作業のことです。

3つの工事ってご存知ですか?

あなたがご存じないのは当然のことですが
「内装解体工事」「原状回復工事」「スケルトン工事」には
発注者・依頼者・支払者を表す3つの業界用語があります。

 

A工事
建物の構造体や躯体、共用部分を工事することです。
ライフラインである電気・空調、危機管理である防災関連の工事も含まれます。
支払い区分は100%オーナーになります。

 

B工事
解体業者の選定や手配をオーナーが行う工事のことです。
はあなたである借主が支払う工事です。
基本的な工事から、テナントの独自発注による工事や、構造体・躯体に関する施工のことです。。

 

C工事
解体費用も、解体業者の選定や手配を借主であるあなたが、
オーナーの承諾を得たうえで、あなたが希望する金額でで工事を施工します。

内装解体工事でご案内するのは、こんな業者さんです。

当サイトがご紹介している内装解体業者さんは、工事にまつわる様々なトラブルを回避するために、解体工事開始前から工事完了後まで、ありとあらゆる問題を想定した取り組みを心がけています。
一般のお客様には、なかなか判断しにくい重要ポイントがあります。
これらをクリアする内装解体業者さんを探すことは、相当難しいと断言できます。。

 

施主様の納得最優先あなたが納得いくまで工事は開始しません

工事前に工事内容を徹底的に精査して、施主様と契約書面等の確認をし、双方納得の上で工事を開始いたします。

 

安心の明朗会計無料で明朗な見積金額を提示します

お見積りは無料です。成約しなくても、見積料金は一切いただきません。
まずは、建物全体の図面等をご用意いただきます。
現地での調査と照合して、構造が一致していれば最終見積額を提示します。
その後、追加料金が発生することはありません。

 

ただし、現地調査や図面等では見つけられなかったり、実態が違っていたりした場合は、お打ち合わせで双方納得の上、追加お見積りをさせていただく場合があります。

 

スピード対応 スピード工事内装解体工事や施主様対応にはスピードを最優先します

当サイトへのお問合せ、ヒアリングから、24時間以内(土日祝日を除く)に、提携業者の担当者から、立会日時の設定や現場を設定するため、連絡がいきますので、お問合せページには電話番号かメールアドレスを必ず明記してください。

 

工事完了までの流れを説明させていただき、あなたが希望する工期を最短でプランニングいたします。

 

近隣対応内装解体ならではの近隣対応で配慮を欠かしません

内装解体は、営業中の隣接店舗やビル、マンションの共用部分など、通常の戸建て解体に比べて細心の注意が必要です。
建物内での騒音や振動、ホコリなどに関する対応は、作業員のマナーも含め、とてもデリケートで重要な配慮が必要です。

 

解体工事の着工前に、テナントオーナーや不動産会社、管理人さんと綿密な打ち合わせを行い、隣接店舗だけでなく近隣へも挨拶いたします。。

 

外注業者は使わない外注業者には工事を依頼しません

当サイトでご紹介しているのは、「自社施工・自社運搬・自社監理」を基本としている業者さんです。
内装解体のプロが工事を監督・管理して施工します。
工事中のトラブルが少ないので、部分解体・スケルトン・原状回復いずれの工事にも満足していただいております。

 

廃棄物は法律遵守です産業廃棄物を不法投棄することはありません

当サイトでご紹介しているのは、正規産業廃棄物収集運搬許可業者です。
処分品の廃棄についてマニフェストを発行しています。
世間で指摘されている不法投棄や不正ルートでの処理などを行う業者は実在していますので、注意が必要です。
不正が発覚した時には、解体工事の依頼主であるあなたも責任を問われます。

 

また、内装解体の技術や経験を活かして、不用品等もコンパクトに解体でき、効率の良い積み込みがコストダウンにつながります。

 

内装解体の工事エリア内装解体の施工エリア

【関西地区】 大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀
【関東地区】 東京・栃木・埼玉・千葉・神奈川(横浜)
【中部地区】三重・岐阜・愛知(名古屋)
となっております。

 

トップへ戻る