店舗内装解体・連棟長屋切離し・火災解体専門|手こわし屋本舗

内装解体、切離し解体、火災現場の解体でこんな悩みありませんか?

  • 手ばらし、手壊しの解体を、適正な価格、適正な工事でしてくれる業者をどう探していいのかわからない。
  • 解体する建物等が遠方にあるので、現地に出向かないで熟練の解体業者を探したい。
  • 数社の解体業者に相見積をしてもらったが、特殊な解体なので比較する基準がわからない。
  • 近隣住民や隣室とのトラブルを避けるためには、どんな注意点があり、どんな業者が良いのかわからない。
  • 特殊な解体工事の適正価格の根拠と、見積の判断基準を知りたい。
  • 候補にあげた解体業者で、追加工事料金が発生しないか心配だ。。
  • 解体作業中に出てきた地中埋設物等を、勝手に不法投棄されないかとても不安だ。

という不安や悩み。一つでも当てはまったら、迷わずこちら…

 

「いい建物解体業者」の「いい」って、どんな基準でいう「いい」なの?

「手こわし屋本舗」(以降当サイトという)は、通常の建物解体ではなく、特殊で訳ありな解体工事でお困りの方に
提携1019社の中から選りすぐったスペシャリストをご紹介しております。

2015年4月より、2,000名を超える特殊案件の解体工事を実施してまいりました。
そこには、いつもお決まりのやり取りがありました。

施主様:「とにかくいい解体業者さんを紹介してください」
当サイト:「いい業者さんて、どんな風にいい業者さんですか?」

  1. 店舗閉鎖による原状回復やスケルトンなどの内装解体
  2. 連棟長屋や文化住宅などの切離し解体と補修工事
  3. 突然の火事による全焼・半焼などの火災解体工事
という専門性の高い解体業者さんをご紹介してきた中で、行きついた答えがあります。

当サイトで実践えている「いい業者」の「いい」は
腕がいい=全、人柄がいい=心、気っ風がいい=格の「いい」です。

3つの「いい」がそろっていて、店舗内装解体専門、連棟長屋切離し解体、火事・火災現場解体専門であること。
豊富な「経験」と「実績」が重要な特殊案件において、10年以上トラブルなしの解体業者であることです。

「腕がいい解体業者」はコスト大幅削減に直結する?

 

3つのいいの中で、最も重要なのは「腕がいい」ということです。
数多の解体業者が存在する中で、腕のいい業者を知っていることはものすごいアドバンテージになります。

 

その理由は、腕のいい業者は工期が短いということです。
あなたは、こんな風に思っていませんか?

 

  • 腕の悪い業者は、仕事がいい加減だから工事期間は短い。
  • 腕のいい業者は、仕事が丁寧だから工事期間は長い。

もしも、そう思っているなら今すぐ考え直しましょう。
あなたの考えは、とんでもない間違いをしています。

 

腕の悪い業者は、言い換えれば経験の浅い業者ともいえますね。
自社利益しか興味のない業者かもしれません。

 

一方、腕のいい業者は、経験が豊富だから段取りを含めた効率の良い仕事をする業者です。
当然、工事期間は短くなります。

 

解体工事の見積で、大半を占めるのが処分費と人件費です。
工事期間が短いということは、人件費が抑えられるということになります。
この逆をひた走る業者には、絶対に解体工事を依頼すべきではないのです。

 

特殊な解体案件では、人件費をいかに削減して「いい仕事」をするかがすべてだといっても過言ではありません。

知らずにビックリ!モメてびっくり!解体の3大ショックを回避する?

解体工事で思わずビックリ

店舗内装解体、切離し解体、火災現場の解体で注意することがあります。
見積金額を何よりも最優先したことで、金額以上に負担を強いられてしまうのが施主様という立場なのです。

  1. 試算シュミレーションでは不十分、正確な見積額を予想することができません。
  2. 安い見積額ほどいいは、不法投棄や追加料金等のトラブルを起こします。
  3. 気の使い方がわかっていない業者に依頼すると、ホコリや騒音で法的トラブルに巻き込まれます。

これらのトラブルを回避するには、業者をあなた自身で見極めることです。
しかし、解体工事が初めてという方がほとんどの状況で、業者の見極めは至難の業です。

 

  • 特殊解体をしている業者を知らない。
  • たとえ見つかっても、本当にいい業者なのかわからない。
  • 見積金額が、工事金額としてふさわしいのかわからない。

腕のいい優良な特殊解体の業者さんは数少ないのが現状です。
知らない、わからないあなたが、いくら情報を集めようとしても正解を見つけることはできません。

 

当サイトが、自信をもって特殊解体業者さんをご紹介できるのは
それぞれの分野でトップ5に入る業者さんと
長いお付き合いから生まれた信頼関係があるからです。

 


更新履歴
トップへ戻る