原状回復工事の無料見積で解体費用の予算がわかる

MENU

原状回復には、気にせずにはいられない6つのポイントがある。

 

原状回復とは、賃借している部屋を契約する前の状態に戻すことをいいます。

 

「現状復帰」と表現されることもあるようですが、「原状復帰」は建設用語で、「原状回復」は法律用語です。

 

この場合は、良く知られている「原状回復」の方に統一するのがベターです。

 

 

この時、見落としがちなのが業者選定のポイントです。

 

以下、すべてにおいてあてはまる業者を当サイトではご紹介しております。

 

  1. 営業中、居住中の隣室に迷惑がかからないよう周到に養生すること。
  2.  

  3. どこよりも無駄を省く努力をして、見積価格が算出されていること。
  4.  

  5. あなたの不安をなすため、万が一に備えて各種保険加入していること。
  6.  

  7. 隣室オーナー様だけでなく、一般のお客様への気遣いを徹底すること。
  8.  

  9. 音や埃に神経を使い、乱暴で危険な作業は絶対にしないこと。
  10.  

  11. 経験豊富な職人技のち密さと、自身を持った作業で工期が短いこと。

 

通常の賃貸契約では、借主の原状回復義務が法律で定められています。

 

借主である賃借人は、賃貸借契約終了時に、貸主であるオーナーにに対して借りた時 の状態に復帰させる義務があります。