店舗内装解体の原状回復工事で最適安値がわかる | 手こわし屋本舗

MENU

業界初!手こわし屋本舗の最安値とは?

原状回復には、気にせずにはいられない6つのポイントがある。

 

 

原状回復とは、賃借している部屋を契約する前の状態に戻すことをいいます。

 

「現状復帰」と表現されることもあるようですが、「原状復帰」は建設用語で、「原状回復」は法律用語です。

 

この場合は、良く知られている「原状回復」の方に統一するのがベターです。

 

 

原状回復工事で見落としがちなのが業者選定のポイントです。

 

以下、すべてにおいてあてはまる業者を当サイトではご紹介しております。

 

  1. 営業中、居住中の隣室に迷惑がかからないよう周到に養生すること。
  2.  

  3. どこよりも無駄を省く努力をして、見積価格が算出されていること。
  4.  

  5. あなたの不安をなすため、万が一に備えて各種保険加入していること。
  6.  

  7. 隣室オーナー様だけでなく、一般のお客様への気遣いを徹底すること。
  8.  

  9. 音や埃に神経を使い、乱暴で危険な作業は絶対にしないこと。
  10.  

  11. 経験豊富な職人技のち密さと、自身を持った作業で工期が短いこと。

 

通常の賃貸契約では、借主の原状回復義務が法律で定められています。

 

借主である賃借人は、賃貸借契約終了時に、貸主であるオーナーにに対して借りた時 の状態に復帰させる義務があります。

テナント借入時の状態に戻すのが原状回復工事

 

原状回復工事とは、賃貸借契約で借りた時点にどのような状態になっていたかで工事内容が決まります。

 

借りる業態が店舗とオフィスで比較した場合、その違いがわかります。

 

飲食店・美容院 店舗は、デザインのオリジナル性や自由度が重要なので、一般的に床や壁、天井などがないスケルトン状態で借りる⇒原状回復工事はスケルトン工事になる。
オフィス・事務所 自由度の必要性が低い事務所は、借りるときにスケルトン状態ではなく床や壁、天井がオフィス仕様となっている場合が多い⇒原状回復工事がスケルトンになることは少ない。

 

注意点:原状回復の範囲を契約するときに確認してください。

 

契約内容によっては原状回復ではない場合もあります。

 

 

当サイトでの最適安値(最安)とは、決して追加料金が発生しない安心価格、作業の手際を最優先した業者にも施主様にもストレスのない最も適切安定価格のことです。

スケルトン工事の無料相談とお問合せ

 

 

トラブルになりやすい居抜き物件に注意!

 

居抜き物件とは、以前入居していた店舗の内装や厨房設備、空調設備、什器などの設備が残ったままになっている物件のことです。

 

したがって、オフィスや事務所などには当てはまりません。

 

居抜き物件のメリット 過去のお店から残されている内装や設備をそのまま使用できるため、初期投資を少なく抑えることができる。(ただし、中には造作譲渡料の支払いを求められることがある)。
居抜き物件のデメリット 店内のレイアウトがある程度決まっているため、イメージ通りの内装にしにくい点があげられる。中には、過去に営業していたお店が経営不振のために撤退したケースも少なくなく、そういった物件の場合、周辺に悪いイメージが浸透していため、新たに開業してもマイナスのイメージをぬぐえない。
Wikipediaより引用

 

注意点:居抜き物件として借りても、契約書に「スケルトンで返却する」と書かれていたら契約書通りとなります。

 

当然ですが、居抜きで借りた状態に戻すのではなく壁・天井・床などが一切ない状態にして返却しなければなりません。

 

返却前に内装解体の範囲を確認しておきます。もちろん契約時に把握しておくことが重要です。

 

契約書に明記されていない場合は、原状回復なのが通例ですが、オーナーや管理会社との意識のずれがあるかもしれないので、店舗内装解体の前に確認しておきましょう。

 

 

当サイトでの最適安値(最安)とは、決して追加料金が発生しない安心価格、作業の手際を最優先した業者にも施主様にもストレスのない最も適切安定価格のことです。

スケルトン工事の無料相談とお問合せ