店舗内装解体専門業者の無料見積 | 手こわし屋本舗

MENU

口べたですが仕上げは上々、手こわし屋の店舗内装解体

 

 

店舗内装解体

急な店舗・オフィス閉鎖であわただしく内装解体をお考えのあなたに。

 

解体業者は3種類存在しています。

 

  1. 通常の建物解体専門業者
  2. 通常の解体と内装解体もする業者
  3. 内装解体専門業者

 

偶然にも最近…、内装解体の見積を上記3種類の業者に依頼してみました。

 

結果、安値ランキングという切り口では…3⇒2⇒1となりました。

 

それに伴って、仕事のち密さという面でも3⇒2⇒1となるのをご存知でしょうか。

 

 

当然の結果ではありますが、内装解体専門業者の見積はいい加減だったのでしょうか。

 

実はまったく逆で、項目もきちんとしていて施主様もわかりやすく、信頼性が高かったとおっしゃっていました。

 

 

その理由として、得意な解体方法を考えると…

 

  1. 通常の建物解体は重機がメイン
  2. 内装解体もする業者は重機も手こわしもする
  3. 内装解体専門業者は手こわしメイン

ということになるからです。

 

目次に戻る

 

 

「仕事がやりやすいので内装解体はすべて任せたい」と言ったのは?

 

店舗内装解体専門で10年以上頑張っている業者さんは、1や2の業者と違って、気配り気づかいが重要なことを知っています。

 

だからこそ、地域ナンバーワンでいられるのです。

 

 

店舗内装解体で絶大な信頼を得たリニューアルの業者

屋外で行う建物解体と比べたら、養生も近隣への心遣いも、室内の解体には10倍も20倍にも相当する細心の注意が必要なのです。

 

「埃」と「騒音」を徹底的に抑えることは、隣の店舗が近くても営業の妨げにならない工夫が肝になります。
夜間工事ならなおさらのことです。

 

以上のことをきっちりこなしている業者さんだけが「手こわし屋認定業者」です。

 

依頼主様からは「美しい内装解体」と呼ばれています。

 

特に、内装解体後リニューアルを担当する建設会社には、「仕事がやりやすいので内装解体はすべて任せたい」というありがたい言葉をいただきました。

 

目次に戻る

 

 

店舗や事務所の内装解体、こんなことでつまずいていませんか?

店舗や事務所を閉鎖することが目前です。

 

多くのオーナーさんは、こんな悩みを抱えています。

 

  • 原状回復工事やスケルトン工事を、どの業者に依頼していいのかまったく思い当たらない。
  •  

  • 店舗や事務所の住所は地元ではないので、業者選びに四苦八苦している。
  •  

  • 試算シュミレーションしても、内装解体の適正な見積額かどうか判断できない。
  •  

  • テナントなので、同じフロアの店舗や事務所に迷惑やトラブルを起こしたくない。
  •  

  • 本当に内装解体が得意なのか、工期と見積詳細の信ぴょう性を知りたい。
  •  

  • 一度立会をしただけでは、不法投棄をしない安心安全な業者か見分けに自信がない。
  •  

  • 見積金額が他社より安くても、工事途中で追加料金を請求されないか心配だ。

 

ひとつでも、あてはまる不安や悩みがあなたにありませんか?

 

  1. 内装解体専門業者
  2.  

  3. 経験・実績ともに文句なし
  4.  

  5. 手際が良く工期が短い
  6.  

  7. 口下手でも仕事上手
  8.  

  9. リニューアル会社が太鼓判

 

当サイトと信頼関係抜群の業者の無料見積を提案いたします。

 

ちなみに、忙しい業者ばかりなのでお急ぎください!

 

目次に戻る

 

 

内装解体で起こる予期しない問題点を解決する方法

 

テナントとは、オフィスビルやショッピングセンター、百貨店などの一部の区画を、その建物のオーナーや運営母体から借り受けて事務所や店舗として使用する借主のことをいいます。

 

英語表記では「tenant」と表記され、またの名を「店子(たなこ)」などとも呼ばれています。

 

 

テナント契約は、契約書に記載されている契約期間の始期をもって、テナントの入居がスタートします。始期とは、法律で、法律行為の効力が発生し、または債務の履行を請求できるようになる期限のことです。

 

 

店舗内装解体の問題点を解決

オフィスの場合は、配線工事等を行いながら、オフィス家具、OA機器、書類などを搬入して、短期間で入居テナント業務がスタートします。

 

店舗の場合は、内装工事を最優先するのが一般的です。

 

内装工事の期間は、業種や業態、規模によって違いますが、店舗設備や照明等の機材、デザイン家具等の搬入などがあります。

 

 

でもこれは、あくまでも入居するときのお話です。

 

問題なのは退去するときですよね。

 

 

難しい話はわきに置いて…

 

オーナー側の都合で立ち退いたり、店子側の都合で退去されたりすることで、急遽!内装解体が必要になります。

 

ただし、この内装解体には期限というものがついて回ります。

 

予期しない様々な問題が発生するのは概ね間違いありません。

 

  1. オフィス物件では、引越し作業における養生の不適切により、建物に傷をつけてしまう。
  2.  

  3. 店舗の内装工事には、不特定多数の関係者が出入りするので、他の入居テナントや近隣との間でトラブルが発生しやすい。
  4.  

  5. 騒音や照明、臭い、ゴミや廃棄物の処理方法、作業時間や混雑日での近隣問題が起こりやすい。
  6.  

  7. 多種多様な工事関係業者が、車で頻繁に搬出入するため、車両の通行をはじめとする交通安全の問題が起こりやすい。
  8.  

  9. 足場を組んで、看板などを取り付けるというケースでは、落下物等に対するリスク対策を講じなければならない。

 

以上はほんの一部ですが、建物内で行われる解体作業にはたくさんのトラブルが潜んでいるのです。

 

店舗やオフィス、マンションなどの内装解体を目前にして、途方に暮れるオーナー様は、予想以上に多いことも事実です。

 

 

でも…

 

  1. 経験と実績が豊富な内装解体専門業者をどんな方法で探してよいのかわからない。
  2.  

  3. 見積を依頼した解体業者が、本当に内装専門なのか、見積額は適正なのかの判断がつかない。
  4.  

  5. 近隣のオフィスや店舗への配慮が行き届いた解体業者を紹介してほしい。
  6.  

  7. 夜間工事をお願いしたいが、工事価格がどれだけ高いのか心配だ。
  8.  

  9. 夜間工事の施工が、近隣に迷惑をかけずやれているのかと思うと夜も眠れない。

 

これが、オーナー様の声にならない本音なのです

 

当サイト「手こわし屋本舗グループ」が多くのオーナー様に選ばれる理由、それはこれらの本音に寄り添い、熟練の技と経験・実績を最優先した内装専門の解体業者をピンポイントで紹介しているからです。

 

目次に戻る