店舗内装解体の最適安値(最安)を実現する7つのポイント

MENU

業界初!手こわし屋本舗の最安値とは?

店舗内装解体の格安を実現する7つのポイント

 

 

契約期間切れやコロナ禍の閉店で飲食店や美容サロン、オフィスを退去する場合に、入居時に設置した設備をすべて片付け、原状回復をして入居前の状態にしてオーナーや管理会社に引き渡します。

 

この原状回復において、内装部分の撤去から廃棄までが店舗内装解体です。

 

内装解体は、内装専門の業者が手作業で行います。まさに当手こわし屋本舗のための解体工事といえます。

 

このページは

 

  1. 初めての内装解体なのでどうやってコストを削っていいかわからない。
  2. どんなポイントを押さえれば内装解体の費用を減らすことができるか。

 

という疑問と不安を持ち続けているあなたにジャストフィットした7つのポイントを説明しています。

 

内装解体は専門の業者に依頼して行うことになりますが、その時に最も大きな問題となるのがコストについてでしょう。解体工事の予算はできるだけ抑えたいというのが実際のところですが、特にはじめて内装解体を依頼するという場合は、どうすればコストを削れるのかわからないということも多いでしょう。

 

しかし、実はいろいろなポイントを踏まえることで、内装解体の費用を減らすことが可能となります。今回は、内装解体の費用を格安に抑えるための方法について、主なものを7つを挙げて説明していきましょう。

 

 

店舗内装解体は引渡し日までに余裕があるとコスパは良好!

 

解体工事というものは、スケジュールの組立が命といっても過言ではありません。

特に飲食店や美容院、オフィスなどの内装解体では、引き渡しの期日までに解体をすませる必要が生じます。

 

したがって、内装解体工事には綿密なスケジューリングが必須事項となります。
賃貸契約当事者との打ち合わせ、現地調査や近隣挨拶など事前の準備をこなして初めて、内装解体工事をすることができるという現状があります。

 

最後には廃棄物の処理や清掃なども必要になりますが、こうした多くの作業を滞りなくこなすには、ある程度、余裕を持った日数が必要になります。

 

 

くれぐれも、スケジュールを組みづらくしないためにも、予定をタイトにしないということが肝になります。

 

 

それに反して、比較的に早い段階で解体を依頼すると、日程に余裕ができてスケジューリングしやすくなります。このポイントで交渉できれば、予算の値引きに効果があります。余裕のない日程と比較すると、2〜3ヵ月前に見積り依頼しておけば、格安の費用ですむことになるでしょう。

 

 

当サイトでの最適安値(最安)とは、決して追加料金が発生しない安心価格、作業の手際を最優先した業者にも施主様にもストレスのない最も適切安定価格のことです。

店舗内装解体のご相談とお問合せ

 

 

店舗内装解体は中間マージンなしのダイレクト発注で格安になる

 

店舗内装解体を依頼する人は、初体験の方が多いはずです。

当然ですが、業者選定に悩むことになります。
自分がやろうとしている内装解体には、どんな業者がマッチするのかわかりません。

 

したがって、手っ取り早く店舗やオフィスを施工してもらった内装会社に解体工事もお任せしてしまいがちです。

 

でも、お任せすることで中間マージンが発生し、無駄なコストが上乗せされます。なぜなら、内装会社は店舗の施工は行っても解体工事ができないからです。

 

今や解体工事は分離発注の時代です。内装解体を直接解体専門業者に依頼することで余計な中間マージンが発生せず、店舗の解体費用を格安に抑えることができます。

 

 

当サイトでの最適安値(最安)とは、決して追加料金が発生しない安心価格、作業の手際を最優先した業者にも施主様にもストレスのない最も適切安定価格のことです。

店舗内装解体のご相談とお問合せ

 

 

内装解体時に不用品買取業者を利用する

店舗内装解体は、機器・什器・備品等を買い取りしてもらえるので、解体費用に充当することができます。 店舗閉鎖や退去でオーナーや不動産会社に引き渡すときに、店舗運営のために設置されたものはすべて撤去しなければなりません。 店舗ごとの買い取ってもらえる不用品は以下の通りです。
飲食店 什器・食器類・各種厨房機器など
美容院 シャンプー台・パーマ器・椅子など
オフィス デスク・スチール棚・パーテーションなど

当サイトでの最適安値(最安)とは、決して追加料金が発生しない安心価格、作業の手際を最優先した業者にも施主様にもストレスのない最も適切安定価格のことです。

店舗内装解体のご相談とお問合せ

一般ごみは自分で処分する

 

業界用語で解体業者が解体以外の付帯工事として処分するものを残置物といいます。

 

不用品で買い取ってもらえなかったものや一般ごみは、自分で片付けるようにします。

 

一般ごみなどを解体業者に処分してもらうと、産業廃棄物として処分されるため、処分費用は家庭ごみなどの処分費用より割高になってしまいます。

 

内装解体を格安に抑えるためには、自治体に引き取ってもらう、知人・友人に譲るなどして身軽にしておくことです。

 

解体費用の負担をいかにしたら軽減できるか知恵をめぐらすことが重要です。

 

 

当サイトでの最適安値(最安)とは、決して追加料金が発生しない安心価格、作業の手際を最優先した業者にも施主様にもストレスのない最も適切安定価格のことです。

店舗内装解体のご相談とお問合せ

 

 

内装解体の依頼前に賃貸借契約書の確認をする

 

店舗内装解体の費用を抑えるためには、解体業者に見積依頼する前に、必ず不動産賃貸借契約書を確認します。

 

確認するのは、退去時に行う原状回復工事の範囲です。

 

範囲を確認しないで、内装解体工事をしてしまうと必要でなかった部分の解体をしてしまったり、追加工事をしなければなくなったりするからです。

 

契約書に原状回復や内装解体の範囲が記されていないときは、オーナー側と解体の範囲を交渉して共有する必要が生じます。

 

ただ、テナント側とオーナー側の交渉は、まとまらないケースが多いので、解体業者に間に入ってもらうことで、適切な範囲の内装解体工事をすることができます。

 

 

当サイトでの最適安値(最安)とは、決して追加料金が発生しない安心価格、作業の手際を最優先した業者にも施主様にもストレスのない最も適切安定価格のことです。

店舗内装解体のご相談とお問合せ

 

 

複数の内装解体専門業者に見積を依頼する

 

店舗賃貸物件を退去するときに、内装解体業者決め方は2通りあります。

 

  1. オーナー側が決める:指定している不動産業者もある。大切な資産である物件は信頼できる業者に任せたい。
  2.  

  3. テナント側が決める:業者をオーナーが指定すると解体費用が高くなりがち。別の業者から見積をとって安く抑えたい。

 

実際には、業者の変更は認められないこともあります。

 

ただ、オーナーの了承があれば解体業者を変更できます。

 

できるだけ複数の業者から見積を取ることで、無駄な工事個所を発見して、不要な工事をオーナー側に提案できればコストダウンにつながります

 

 

当サイトでの最適安値(最安)とは、決して追加料金が発生しない安心価格、作業の手際を最優先した業者にも施主様にもストレスのない最も適切安定価格のことです。

店舗内装解体のご相談とお問合せ

 

 

立会を拒否する解体業者は避ける

 

内装解体の見積をするときには、現場での立会が基本です。

 

電話やメールだけで見積を済まそうとする解体業者には、見積依頼をしないということです。

 

立会の基本は、オーナー、テナント、業者の3者で行うことです。

 

  1. あらかじめどういう状態にしたいかを業者に伝える。
  2.  

  3. 撤去する場所としない場所など、内装解体の範囲を共有する。
  4.  

  5. 壁の位置や厚さ、天井の高さ、床面の素材などより詳細な部分の話し合いをする。

 

詳細な部分を曖昧にして工事に入ると、最終的にはテナントであるあなたが損をします。

 

余分な工事や作業が増えることで、追加費用を請求されます。

 

そうならないように、必ず3者で立会をして工期、工事範囲、工事価格を可視化して共有しましょう。

 

 

当サイトでの最適安値(最安)とは、決して追加料金が発生しない安心価格、作業の手際を最優先した業者にも施主様にもストレスのない最も適切安定価格のことです。

店舗内装解体のご相談とお問合せ